職人の技術が必要な求人の大工~大事な大工~|

笑顔

知識と経験が必要

建設員

大工は木造建築物を建てるために、様々な技術、多くの経験が必要になります。ただ、大工になるために必要な資格、条件、学歴などはありません。しかし、一人前の大工として認められるためには、最低でも3年以上の実地経験が必要になります。大工に必要不可欠な資格などは無いのですが、大工技能士の資格を取得していると、大工の技能をアピールすることができます。大工の求人に応募するなら、この資格を取得しておいた損はありません。大工の求人先は、工務店がほとんどです。工務店というと、地域密着型の小中企業と思っている人も多いですが、工務店のタイプは実に様々です。1人の親方がお店を経営していることもあれば、会社のように大人数で経営をしているお店もあります。基本的に、中小企業となっています。まずは、このような工務店の求人に応募することから初めて、採用されたら、親方の手伝いから始まります。手伝いなので、最初はそれほど大きな仕事はさせてもらえません。経験を積んで、しっかりとスキルを身につけることができれば、現場を任せられます。

大工の求人に応募する前に、現場の厳しさを理解しておく必要があります。木造建築物の、構造というとても重要な部分を組み立てる仕事です。その仕事をこなすためには、知識も経験も必要になります。その知識と経験を身につけるために、厳しい下積み時代があるのです。工務店の親方の多くは厳しい人なのですが、厳しく指導することで、大工の仕事の重要なことを受け取ることができます。厳しいからといって大工に向いていないというわけではなく、大工の重要な部分を感じ取れるようにしましょう。それを理解した上で大工の求人に応募することが大切です。