職人の技術が必要な求人の大工~大事な大工~|

笑顔

経験やスキルで変わる

建設員

求人を探す時に気になる部分は、給料です。大工の給料は、全員同じということではなく、経験やスキルによって変わります。未経験で、親方のお手伝いとして就職する場合は、スキルも経験が無いので、月給15万円程度がほとんどです。そこから、経験を積んでいき、実力もついていけば、月給30万円以上稼ぐことも可能です。大工求人の平均年収は、300万円程度なのですが、この平均は見習いの大工から、ベテランの大工まで含まれているので、人によって年収は大きく異なります。ベテラン大工の中には、年収800万円以上稼いでいる人もいます。大工はあまり稼げないと思っている人も多いですが、一般的なサラリーマンよりも稼ぐことも可能なのです。高収入を稼ぎたいと考えるなら、宮大工などの特殊なスキルを身に付けたり、現場で活動するだけではなく、経営者としても活動したりすることが大切です。現場で大工として働くだけではなく、他のスキルを活かすことで収入を伸ばすことができる魅力的な求人です。

求人に応募する時に考えておきたいのが、将来性です。現状では需要がある求人の場合でも、将来性はあまり見えないという求人もあります。大工は人手不足というのが現状です。IT社会ということもあり、大工の求人に応募する若者がとても少ない状況なのです。そのため、業界では積極的に、従業員の待遇の改善を行っています。仕事内容も、ただ現場で働くだけではなく、ソフトウェアを使って製図したり、パソコンで工程表を書いたりしているところも増えています。力仕事だけ任せられるのではなく、そのようなパソコンの技術も必要とされているので、若者に向いている部分でもあります。大工の将来性は、付加価値があると安定します。力仕事は多くの人ができることですが、付加価値がつくことで、より必要な存在になります。それを考えることで、大工としての将来性を見出すことができます。